【AWS】.ssh/config を利用して、ログイン時のコマンドを省略する

概要

インスタンスに毎回ログインする際、ユーザ名と鍵 PATH を記載するのが面倒くさいので、設定ファイル (.ssh/config) にログインに必要な情報を記載して、ログイン時のコマンドを省略しようと思います。

.ssh/config とは

SSH を利用してインスタンスへログインする際に利用される設定ファイルです。

インスタンスに SSH する前に...

ユーザ名の確認

サーバ OS によって、ログイン時に利用するユーザ名が異なる様です。

サーバ OS ユーザ名
 Amazon Linux  ec2-user
 RHEL  ec2-user または root
 Ubuntu  ubuntu または root
 Centos  centos
 Fedora  ec2-user
 SUSE  ec2-user または root

参考:SSH を使用した Linux インスタンスへの接続 - Amazon Elastic Compute Cloud

鍵 PATH の確認

初めてインスタンスを作成したときに、キーペアを作成して、自分のPCにダウンロードしていると思います。

もし、キーペアが見つからない時は、既存のキーペアは再ダウンロードできないので、新しく作り直してください。

f:id:kyamanak83:20170815001757p:plain

ログイン方法

SSHコマンドでログイン

ssh -i <鍵 PATH> <ユーザ名>@<ホスト名> のフォーマットでコマンドを実行します。

$ ssh -i amazon_private_key-20160805.pem ec2-user@ec2-00-00-000-000.us-west-2.compute.amazonaws.com

.ssh/config を利用してログイン

設定ファイルの記載内容を確認します。ホスト名や鍵名は自分のものに書き換えてください。

$ cat .ssh/config
Host AWS
    HostName ec2-00-00-000-000.us-west-2.compute.amazonaws.com
    User ec2-user
    IdentityFile amazon_private_key-20160805.pem

設定ファイルに記載しておくと、簡単なコマンドでログインができます。

$ ssh AWS
Last login: Wed Nov 23 06:38:46 2016 from aa200000000000000000.userreverse.dion.ne.jp

       __|  __|_  )
       _|  (     /   Amazon Linux AMI
      ___|\___|___|

https://aws.amazon.com/amazon-linux-ami/2016.09-release-notes/

 まとめ

今回は、Amazon Linux を利用してログインしてみました。

インスタンスにログインするための最低限の .ssh/config の設定をまとめました。